謎解きはディナーのあとでとは

NMB48/お笑い番組が見放題
大阪チャンネル

Pocket

謎解きはディナーのあとでとは主人公は、宝生麗子といういかにもセレブな名前なんだけど、困った事に執事の影山の下の名前は分かりません。

加えて、主人公の暮らす豪邸は都内では競馬場に次ぐ敷地面積を誇るという事で、今どきそんなお屋敷があるのだろうかと思いますよね。

謎解きはディナーのあとでを書いた推理作家、東川篤哉は、元はかなり本格的なミステリーを手がけていました。

実際、一般公募を中心にした本格ミステリーシリーズに4作も採用されるほどの実力。

謎解きはディナーのあとでも、ドラマだけを見ている人はコメディーという印象が強いかも知れませんが、小説を読めば、そのイメージは大きく変動する事でしょう。

その証拠に、謎解きはディナーのあとでは、2011年の本格ミステリー大賞にノミネートされているのです。

また、東川氏は翌年、別の小説で、日本推理作家協会賞の候補にも挙げられているんですよ。

ただ、あの謎解きはディナーのあとでについては、元々活字や推理小説を苦手とする女性陣立ちに受け入れられるようなミステリーをという事で描かれた作品。

おまけに、その後に嵐の櫻井翔君主演でテレビ版の謎解きはディナーのあとでが始まったものだからもう大変、正しく女性の心をガッチリ掴んだ訳です。

謎解きはディナーのあとでの面白さは、これまでのミステリー小説には欠けていた駆け引きであると言っても過言ではないでしょう。

それも、犯人と刑事との駆け引きではなく、影山や風祭と麗子との駆け引きで、事件の重さからは想像も出来ないほどの軽い駆け引き。

そう、謎解きはディナーのあとでは、そんなコメディーの要素もたっぷり含んでいるのです。

そのため、テレビドラマではその部分が特に強調され、多くの人に親しみを与えたものと思われますね。

という事で、今年の夏には映画館にも登場する謎解きはディナーのあとで、未だ未体験の方は、関連のブログやサイトでその謎を覗いて見ましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る