謎解きはディナーのあとでの出演者に注目

NMB48/お笑い番組が見放題
大阪チャンネル

Pocket

謎解きはディナーのあとでの出演者に注目


実際、原作の小説の中での出演者も実に個性的でしたが、連ドラ化され、それが益々確立されたものと思われます。

そして今、櫻井翔と北川景子の名コンビに椎名桔平を加えたパワフルトリオは勿論、新たな出演者にも注目が集まっています。

元々この謎解きはディナーのあとでは、毎回結構豪華な俳優陣が犯人役や被害者役として登場して来ていましたからね。

謎解きはディナーのあとでの出演者には、苗字があっても名前がないというのが原作の大きな特徴。

実際、嵐の櫻井翔君が演じた執事の影山については、テレビドラマのなかでも、名前は不詳という事になっていました。

麗子が“影山”と呼び捨てにするのも、ドラマ謎解きはディナーのあとでの名台詞みたいになっていましたものね。

そのくせ、主人公の宝生麗子をはじめ、女性の出演者にはきちんとフルネームが与えられている事が多いんですよ。

これもまた、謎解きはディナーのあとでの面白い特徴の一つだと個人的には思っています。

さてさて、そんな謎解きはディナーのあとでの映画版は、設定もゴージャスなら、ストーリーもゴージャスで、出演者もゴージャスです。

なんと、女優の宮沢りえさんが下町在住の中年女性として登場するんだそうですよ。

謎解きはディナーのあとでは出演者に嵐のメンバーがいるから見るんだとか、好きなんだっていう人も大勢います。

確かに、嵐の櫻井翔なしには成り立たない作品だと言っても過言ではないでしょう。

でも、他の出演者の個性が強いからこそ、謎解きはディナーのあとでの中の櫻井翔がより一層引き立っているんだろうと私は思いますね。
それに、櫻井翔を抜きにした北川景子と椎名桔平のやり取りもなかなかのものです。

小説の中では、影山と同じく、名前不詳の出演者の一人です。

という事で、その周囲を固める出演者がさらに豪華になった劇場版謎解きはディナーのあとで、そろそろブログやサイトで情報を集め始めたいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る