謎解きはディナーのあとでの本

NMB48/お笑い番組が見放題
大阪チャンネル

Pocket

謎解きはディナーのあとでの本


謎解きはディナーのあとでって言うと、本よりもどうしても嵐の櫻井翔君のイメージが強いのよねぇ。

でも、原作はかなり本格的なミステリー短編集だと聞いて、最初はビックリしちゃいました。

マジで、たまたま図書館で謎解きはディナーのあとでっていう本があった時には、へぇっていう感じでしたよ。

最近ほら、マンガがよく実写版のドラマとか映画になるパターンが多いじゃないですか。

だから実は私、謎解きはディナーのあとでも、雰囲気から言って、てっきりその類だと思い込んでいたのであります。

実際に原作本の小説を読んでみるとそうでもないんだけど、テレビドラマの場合は、かなり設定やストーリーに無理があるというかなんというか。

とにかく、あの現実離れし過ぎている部分は、絶対マンガの世界でしょうっていうのが謎解きはディナーのあとでに対する私の見解だった訳ですよ。

謎解きはディナーのあとでの本を図書館で見付けたと言うと、友達が驚いて、帰りに早速寄ってみると言いました。

友達が行った時にはもう所蔵されている謎解きはディナーの後での本は、全て貸し出し中になっていたそうです。

謎解きはディナーのあとでの本は、1巻から3巻まで全部出3冊あって、段々主人公のリアクションが大きくなっているのが中々面白い点だと思います。

正直、西村京太郎氏のファンの私としては、今まで十津川警部の出て来ない本は基本的に読まない主義だったんですよ。

でも、余りにも売れているっていうんで、取り敢えず謎解きはディナーのあとでの第一作目だけを読む事にし、自分で買いましたよ。

考えてみれば、最近はすっかり本は図書館で借りるものだとばかり思っていた私には、超久しぶりのブックショッピング。

でも、ブログやサイトでの評価がとても高かったし、実際に自分も読んでみて、うん、面白かった、謎解きはディナーのあとでは、買って良かった本の一冊ですね。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る